1年以上の監視カメラ映像を
セキュアなクラウド環境に保存できる
映像監視ソリューションを提供開始

映像監視システム「ArgosView」とクラウドストレージ「Wasabi」の
組み合わせにより実現

パナソニック インフォメーションシステムズ株式会社(本社:大阪府大阪市北区 代表取締役社長:玉置 肇 以下:パナソニックIS)、パナソニック ネットソリューションズ株式会社(本社:東京都中央区 代表取締役社長:南部 和彦 以下:パナソニックNETS)、Wasabi Technologies Japan合同会社(本社:東京都港区、取締役社長:脇本亜紀 以下:Wasabi)は、クラウド監視カメラで1年以上の長期間録画を実現できる映像監視ソリューションを7月2日より提供開始します。

▼映像監視システム「ArgosView」
https://service.is-c.jpn.panasonic.com/argosview

▼クラウドストレージ「Wasabi」
https://service.is-c.jpn.panasonic.com/wasabi

背景:1年以上の長期間録画の必要性が拡大

製造業では、トラブルが発生した際の原因追求・製品回収を迅速に行うため、調達~製造~流通~販売の工程を追跡可能な状態にする「トレーサビリティ」が重要とされています。トレーサビリティを確保する手法の1つとして、製造ラインに監視カメラを設置し、製品の保証期限まで長期間で映像を残すことが挙げられます。これは食品関係だけでなく、自動車・半導体などの品質保証期間が長い製品に関しても、近年ニーズが強まってきました。さらに昨今、健康被害・異物混入・不正製造などの事案が多発していることから、消費者や販売店に対して安全性を示すために、長期間録画を早急に導入する必要性が高まっています。

しかしながら、従来のクラウド監視カメラの録画期間は最長1年が一般的で、保存期間を超過した映像はダウンロードし、別途コストを掛けて自社保管せざるを得ませんでした。クラウド監視カメラではなくLTOテープやレコーダーを使えば、保存期間1年以上の映像監視システムを構築することも可能ですが、クラウド監視カメラのように他拠点の映像を遠隔で確認できないというデメリットがあります。

このような課題を受け、この度、映像監視システム「ArgosView」とクラウドストレージ「Wasabi」の組み合わせにより、クラウド監視カメラで1年以上の長期間録画を実現できる映像監視ソリューションを提供開始します。

特長:クラウド監視カメラで1年以上の長期間録画を実現

従来のクラウド監視カメラの録画期間は最長1年が一般的でしたが、本ソリューションは1年以上の長期間録画が可能です。一極集中の遠隔監視を得意とするArgosViewと、容量課金でデータリストア(復元)時のデータ転送費が発生せず低価格なWasabiの組み合わせがこれを可能にしています。

ユーザーは自社保管の手間・コストを気にすることなく、クラウド上にある映像データをダウンロード課金不要でいつでもリストアできます。

ユースケース

【例1】クラウド監視カメラユーザー

従来のクラウド監視カメラの録画期間は最長1年が一般的で、保存期間を超過した映像はダウンロードし、別途コストを掛けて自社保管せざるを得ませんでした。

本ソリューションなら、映像データをダウンロードして自社保管することなく、クラウド上で継続して運用することが可能です。ダウンロード料金や、自社保管の手間・コストを削減できます。

【例2】LTOテープユーザー

LTOテープは、長期間録画の映像データ保存先として広く採用されていますが、遠隔でのデータリストアができません。そのため、他拠点で保管しているLTOテープの映像を見たい時は、拠点へ赴くか、拠点へ連絡してLTOテープをリストアする必要があります。また、約半年から1年のサイクルで発生するLTOテープ交換も手間となります。

本ソリューションなら、クラウド監視カメラのため他拠点の映像データも遠隔でリストア可能であり、LTOテープ交換などの運用も不要です。

【例3】レコーダーユーザー

監視カメラ用レコーダーを用いて1年以上の長期間録画を実現する場合は、多数のHDDを使った機器構成となり、システム全体の故障率が上がってしまいます。また、LTOテープと同様に、遠隔でのデータリストアができない上、システム導入後に録画期間の変更ができないというデメリットもあります。

本ソリューションなら、上記に比べシンプルな機器構成のため安定した運用が可能です。さらに、クラウド監視カメラのため、他拠点の長期間録画データも拠点間ネットワークを経由してリストア作業・閲覧が可能であり、導入後の録画期間変更も柔軟に行えます。

Wasabiの特長:低価格・高品質・セキュアなクラウドストレージ

クラウドストレージ利用料の課金対象は容量のみ、ArgosViewサーバへデータをリストアする際のデータ転送費用は発生しません。また、クラウドストレージ容量は5TB単位で追加可能と、柔軟且つ無駄のないサイジングを可能とします。セキュリティ面では、99.999999999%のオブジェクト耐久性、オブジェクトロック機能で簡単にランサムウェア対策を実現可能。ArgosViewの映像データを、「安価」で「安全」に「手間なく」保管できる環境を提供します。

セミナー開催のご案内

本ソリューションを詳しくご紹介するセミナーを開催いたします。

 

クラウドストレージで進化する監視カメラ映像データの最新保存術と活用術

日時  :  2024年8月23日(金) 15:00~17:30

場所  :  パナソニック インフォメーションシステムズ株式会社 大阪本社(大阪市北区茶屋町19-19 アプローズタワー16階)

    JR大阪駅 御堂筋出口から徒歩10分

    地下鉄御堂筋線中津駅 4番出口から徒歩4分

    阪急梅田駅 茶屋町出口から徒歩6分

    ※オンライン配信はありません

セミナー詳細URL  :  https://service.is-c.jpn.panasonic.com/event/3865135

パナソニック インフォメーションシステムズ株式会社について

パナソニック インフォメーションシステムズ株式会社は、製造業をはじめ幅広いお客さまに高付加価値のシステム・サービスをお届けするIT“サービス”企業です。
パナソニックグループのIT中核会社として、そのグローバルな事業展開を多様な業務システムで支援しています。また、その中で培った経験とノウハウを強みに、IT事業会社としてパナソニックグループ以外のお客さまに対してもトータルソリューションをご提供しています。
URL:https://service.is-c.jpn.panasonic.com/

パナソニック ネットソリューションズ株式会社について

パナソニック ネットソリューションズは、映像監視事業とワークフロー事業、ITインフラ事業を柱とし、業務効率化・業務改善や安全・安心の実現に総合的に取り組んでいます。20年以上の豊富な経験・ノウハウを活かして開発したワークフローパッケージ「MAJOR FLOW」は、多くのお客さまから高い支持をいただいています。
また、映像監視システム「ArgosView」をコア技術とした映像ソリューションは、国内VMS市場においてシェアNo.1※を獲得しており、ご好評いただいています。
URL: https://netsol.jpn.panasonic.com/
※富士経済「2017~2022セキュリティ関連市場の将来展望「DXを実現するセキュリティ関連技術・市場の将来展望2023」(2016~2022年(実績))

Wasabi Technologiesについて

テクノロジー業界で最も急成長しているWasabiは、データストレージを低価格、予測可能かつセキュアに提供することで、世界中のデータを保存することを使命としています。Wasabiを採用することで、先見性のある企業は予測不能な料金やベンダーロックインに悩まされることなく、いつでも自由に自社のデータを利用し、業界で最も急成長している独立系クラウドアプリケーションパートナーのエコシステムを活用して最高のソリューションを自由に構築できます。世界中のお客様とパートナーが、Wasabiによって自社のデータを活用することで、潜在的な力を最大限に発揮しています。詳細については、https://wasabi.com/ja/ をご覧ください。リッチテキストを入力してください

本件に関するお問い合わせ

パナソニック インフォメーションシステムズ株式会社
カスタマーサクセス本部 営業統括部 セールスイノベーション部 マーケティングチーム 山田
E-mail:press-pisc@ml.jp.panasonic.com

パナソニック ネットソリューションズ株式会社
コーポレート本部 経営企画部 松田
TEL:03-6226-2505 FAX:03-5565-8220 E-mail:press-pnets@ml.jp.panasonic.com

Wasabi Technologies Japan合同会社
広報担当 井之上パブリックリレーションズ 米須、池田
E-mail:wasabi@inoue-pr.com
ページトップへ戻る